自然豊かな丹波で

四季折々の景色や
季節を感じる
丹波の大地。
バジルを栽培することで
こころとカラダの健康
自然と環境を守りたい
それが私たちの想いです。

丹波霧と寒暖差

年間、昼夜の寒暖差が激しく
秋から冬にかけて発生する朝霧。
夕霧は「丹波霧」と呼ばれています。
この寒暖差が栄養豊富でおいしい作物を作ります。
水はミネラル豊富な井戸水を使用しました。

人と大地にやさしい

農薬や除草剤を使わず
手間ひまかけて草を除去し
昔ながらの有機栽培で
丹精込めて育てました。

トピックス

2018.11.01 2018.11.01 2018.11.01

明治神宮にてバジル茶を奉献いたしました。

11月1日~3日に、明治神宮 秋の大祭が開催され、11月3日は参列をさせていただきました。 全国特産物奉納行事に、兵庫県の特産品として「バジル茶」が選ばれ、奉献させていただきました。     &nb...

認知症にはバジル含まれるビタミンEがいい?

     バジルに含まれるビタミン         バジルとは、イタリア料理のビザやパスタにのっている有名なハーブ。  シソ科の植物で香りが良いので香辛料でも有名です。   ■バジルに含まれる主な栄...

お知らせ

お知らせ一覧

丹波小林屋とは

丹波

自然豊かな丹波の地
兵庫県丹波市氷上町で

代々続く農家。1次産業から6次産業化へ

代々農業を営み、茶、米、花、野菜などを作ってきました。
現在は、ハーブ、薬草、黒大豆を栽培。これらを原料とする食品、健康茶の製造、加工、販売と6次産業化に取り組み、ECサイトも運営しています。

事業所概要

 私たちが大切に
  していること

こだわり

四季折々を感じられる
代々受け継がれてきた
自然豊かなこの土地と
変わらない風景を守るため
人と自然にやさしい農業を
心がけています。
昔ながらの天日干しにすることで
栄養分が濃縮されたハーブや薬草を
使用した健康茶や農作物。
有機栽培し、保存料や添加物も
一切使わないので、自然の恵みを
そのまま感じていただけます。

    【農業・受継ぐ・自然】

兵庫県丹波の地で、代々農業を続けてきました。
四季折々を感じれる自然豊かなこの景色を残したい、その思いから人と大地にやさしい農業を続けています。

      【水・成分】

水は、丹波のミネラル豊富な井戸水を使用しています。
井戸水は、地表の水よりミネラルを多く含んでいるので農作物の風味や栄養価にとても良い影響を与えます。

      【土・成分】

農薬や化学肥料を一切使用せず、大切な土作りの元肥には、有機肥料(鶏糞)を使います。
葉物野菜や、バジルなどは窒素を多く必要としています。
この有機肥料(鶏糞)には、窒素、リン酸、カリウムなどのバランスよく含まれています。

製品

ブログ

ブログ一覧