事業所沿革

兵庫県丹波市氷上町(旧かどの村)で200年以上代々続く農家。1次産業から6次産業化へ

兵庫県丹波市氷上町下新庄「旧・兵庫県氷上郡氷上町葛野村(かどのむら)」
の地で200年以上続く農家。代々、茶、米、麦、花、野菜などを作ってきました。

丹波小林屋 代表 小林友美の曾祖父である新三郎の先代、明治18年以上前から農業を受け継いできました。

元々、農家一家から始まり受け継いだ土地を守り、その時代に合った農業を営んできました。

現在は、ハーブ、薬草、野菜、黒大豆を栽培。これらを原料とする食品、健康茶の製造、加工、販売と6次産業化に取り組み、ECサイトも運営しています。


自然豊かな丹波の農地。先祖代々守ってきた農地を残したいという思いから農業を続けています。

2007年

 

1月

10年以上悩み続けた、代表自身のひどい肌トラブルや、体調不良を治すため民間療法や体質改善について研究開始

2007年

 

4月

兵庫県丹波市の自家農場でハーブや薬草など数十種類栽培開始

2010年

 

8月

古代ギリシャ時代ではハーブの王様とも言われ「王家の薬、浴湯」に使用されていたという、バジルをお茶に開発

2010年

 

12月

開発した「バジル茶」を4カ月飲み続け、代表自らのひどい肌トラブル、体調不良を改善することに成功

2012年

 

9月

ホテルのフランス料理コースメニューに自家製スイートバジルが選定

 

▷フランス料理セレストポート

2013年

 

6月

バジルのお茶が、特に女性特有の悩みや体質改善などに良いと知人の間で広がり、もっと沢山の方に飲んでいただけるように製品化

2013年

 

12月

ホテルのフランス料理コースメニューに選ばれ、特別クリスマスディナーのコースに「バジル茶」に選定

 

▷フランス料理セレストポート

2015年

 

7月

丹波小林屋として個人事業主の申請

2015年

 

8月

バジル100%のお茶を、栄養豊富な丹波産玄米(コシヒカリ)をプラスし独自の配合で飲みやすく改良し発売

2015年

 

10月

丹波のお土産として、丹波、但馬、神戸、京都、大阪の道の駅や温泉施設、高速のサービスエリア、農産物直売所などで販売を開始

2015年

 

11月

「なた豆茶」発売開始

2016年

 

8月

バジル茶が、兵庫県丹波市のふるさと納税のお礼の品に選定▷ふるさとチョイス

2016年

 

9月

13000部発行「丹波新聞」のトップ1面に掲載

2016年

 

12月

「バジル茶」が、五つ星ひょうご認定商品に選定

2017年

 

2月

「バジル茶」丹波すぐれもの大賞 「わくわく部門」受賞

2017年

 

2月

事業所移転(丹波市氷上町)

2017年

 

3月

行政情報雑誌「広報たんば」の24ページええなぁTANBA(裏一面)に掲載される

2017年

 

6月

兵庫県柏原総合庁舎の「丹波の特産品」としてバジル茶が展示開始

2017年

 

8月

FM80.5MHz805たんばの番組でCM放送開始

2017年

 

10月

「丹波本黒大豆の枝豆」発売開始

2018年

 

6月

読売新聞  「週刊経済」欄に掲載される

2018年

 

12月

「丹波黒大豆」発売開始

2018年

 

11月

明治神宮 秋の大祭 全国特産物奉献式展 奉納

2018年

 

12月

バジル茶が、兵庫県丹波市のふるさと納税の返礼品に選定

 

▷さとふる

2019年

1月

「バジル茶・なた豆茶初回お試し便」販売開始

2019年

7月

「ホーリーバジルサプリ」発売開始

2019年

8月

「定期お届け便」販売開始

2020年

2月

「ホーリーバジル初回お試し便」販売開始

 

2021年

9月

黒枝豆が、兵庫県丹波市のふるさと納税の返礼品に選定

▷ふるさとチョイス

▷楽天ふるさと納税

▷丹波市ふるさと納税特設ページ(おかえり丹波)

Facebookでいいね!