丹波小林屋
 について

農家

丹波小林屋とは
ここ兵庫県丹波市
氷上町下新庄
旧・兵庫県氷上郡に
あった葛野村(かどのむら)
の地で二〇〇百年以上続く
農家です。
代々、茶、米、花
野菜などを
作ってきました。





六次産業化

現在は、ハーブ、薬草、黒大豆を栽培。
これらを原料とする食品、健康茶の製造、加工、販売と6次産業化に取り組み、ECサイトも運営し、道の駅や、農産物直売所、温泉施設、兵庫県のアンテナショップなどでも販売しています。

代々続く農家

歴史

先祖代々農業を営み、この丹波の地で田畑とともに生活をし、茶、米、野菜、花などを栽培し自給自足をしてきました。
この地は、石が多く手作業で一つ一つ取り除いてきました。
手作業なため、大変な苦労がありました。


丹波小林屋が
生まれるまで

丹波の農家に生まれ、田畑で遊んだ懐かしい思い出や曾祖父母、祖父母の思いを受け継いでいきたいという強い思い。
自然豊かな丹波の、この農地。先祖代々守ってきた農地を残したいという思いが今に繋がる。

➊【1歳のころの代表 小林】
母や父 祖父母たちと一緒に農業のお手伝い。
いつも田畑に触れていました。
両親が目を離した隙に、よく土を食べていました。

❷【4歳のころの代表 小林】
自然が大好きで、田畑で暗くなるまで泥だらけになり遊んでいました。

❸【4歳のころの代表 小林】
お気に入りの車は、軽トラック。
農業をしている家族が大好きでした。

❹【20代~30代】
都会に出てからアトピーを発生。24時間続く強いかゆみや体調不良に悩まされ10年以上続く。
また、祖母が亡くなったこともきっかけで田舎へUターン。

❺【30代】
祖父母たちが守ってきた畑を借り、自身の体調不良を治すために、ハーブや薬草を育て研究に明け暮れる毎日を過ごす。

田舎では、長男が農業を受け継ぐ考えが根強いですが、小林家では長女の方が農業に対する意思が強かったため、長女が受け継ぐ。
絶やしたくない思いと、自身の体調不良が改善したことが重り、農業を継ぐ思いがさらに強くなる。

❻【30代】
試行錯誤の末、バジル茶を完成させ、4ヵ月でアトピーが完治。また、慢性的に長年悩んでいた、偏頭痛や、めまい、便秘、手足のしびれ、憂鬱な気分、不眠症、気管支炎などありとあらゆる悩みから解放される。

❼【30代】
私と同じような悩みを持つ、家族や友人たちに飲んでもらい、悩みが改善される。
同じような悩みをもつ沢山の人に飲んでもらい笑顔を増やしたいと考え、商品化する。

❽【30代】
丹波小林屋誕生。
ハーブや薬草栽培に力をいれ、農場を広げて行く。

❾【40代】
事務所を代々受け継いだ土地に移転し、農場もさらに広げて行く。

❿【40代】
黒大豆を栽培開始。
農地を購入し、さらに拡大していく。